ビタブリッドCフェイスが他のビタミンC誘導体と違って人気なのはなぜ?
ビタミンCは美肌成分として昔から注目されていました。
ビタミンCは真皮でコラーゲンを生成する作用、メラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用があり、シワ、たるみの改善と予防になります。
抗菌作用もあり、アンチエイジング効果があります。
新陳代謝を促進し、肌のターンオーバー、大人ニキビの予防、凸凹ニキビの改善、毛穴の改善をします。
皮膚分泌のコントロール作用を持ち、思春期ニキビの予防、毛穴の改善と防止をします。
消炎作用があり、ニキビの改善をします。
このようにビタミンCは美肌効果があるのですが、直接肌に塗っても全く浸透せず、美肌効果もありません。
もともと酸化しやすく、安定性が悪いからです。
化粧品への配合も難しいものでした。
ビタミンCを誘導体化して酸化しにくい安定型に変えたのがビタミンC誘導体なのです。

誘導体にすることで、皮膚に浸透しやすくなりました。
また、肌の中に浸透した後にビタミンCに変化するため、酸化するのが抑えられるようになりました。
サプリメントや食事でビタミンCを取っても、肌のために利用されるのは1%未満だと言われています。
このため、ビタミンCを直接肌に届けるビタミンC誘導体の浸透力が重要視されるようになりました。
特に肌の奥の真皮まで届かないと効果が発揮されないため、浸透力のすぐれたビタミンC誘導体が求められるようになってきました。
しかし、従来の水溶性ビタミンC誘導体は、肌の奥の真皮までは浸透しませんでした。
また、脂溶性ビタミンC誘導体は肌の表面での効果がいまいちよくなくすぐに効果を発揮する即効性に欠けていました。
そこで注目されたのは、韓国の教授によって新しく生み出された、次世代のビタミンC誘導体と言われるハイブリッドビタミンCです。
ハイブリッドビタミンCは、浸透力が高く、肌の表面と奥の真皮まで届き、効果の即効性や持続力もかなり高いのです。
このハイブリッドビタミンCが配合されているのがビタブリッドCフェイスです。
ビタブリッドCフェイスはパウダーを水などで混ぜて塗るだけの、全く新しいスキンケアです。
ビタミンCを最新のバイオテクノロジーでLDH(無機二重層水酸化物)の層で包み、伸縮することで中のビタミンCを徐々に安定的に肌に供給することができるようになりました。
ハイブリッド物質となったLDHは、肌に塗布された後、自然な皮膚呼吸で生じる不要な物、汗(NaCl)などの老廃物と結合します。
そして、代わりに中のビタミンCが放出、交換され(イオン交換方式)肌の奥の真皮へ長時間浸透していきます。
さらに、従来のビタミンC誘導体と違い、一回の塗布で12時間美肌効果が持続します。
このような理由で、ビタブリッドCフェイスは他のビタミンC誘導体と違い人気があります。
→ビタブリッドCフェイスでシミを減らす効果がある使い方
実際私も手持ちのローションに混ぜて使っていますが、すごくいいです。
ビタブリッドCフェイスのおかげでシミやシワが薄くなってきたと実感中だからです。
公式サイト↓



u