8つの悪習慣をやめるとアトピー改善?

8つの悪習慣をやめるとアトピー改善?
アトピーに悩む人が年々増えています。
アトピーは、根治ができないと言われており、様々な要因からアトピーの人が増えています。
さて、アトピーで、色々なことを我慢していませんか?
これを食べるとアトピーが悪化するかも、荒れた肌を見られたくないから、肌をあまり露出したくない、他にも色々とあることと思います。
またアトピーの改善のための情報がたくさんあり、どれが本当で、どれが間違えたものなのか?
わかりませんよね。
それらの情報は全てが正しいけれど、自身の肌には合っていないだけかもしれません。
さて、今回は、アトピーを改善するために、やめるべき悪習慣を紹介します。
1、アトピーを○○に治してもらうということをやめる
2、アトピーの誤解を捨てていく
3、厳しい食事制限は必要ない
4、お風呂で石鹸やシャンプーはいらない
5、ワセリンなど油分が多い保湿剤をやめることで肌の回復力が高まる
6、ステロイドをやめると、アトピーが改善できる
7、心配を手放すと、アトピーはよくなる
8、○○しなくてはいけないという必要はない
この8つです。
ひとつずつみていきましょう。

1についてです。
アトピーを治すのは、薬でもなく医者でもなく自分自身が持っている自然治癒力です。
ステロイドは、アトピーを根治させる薬ではありません。
悪化したら薬で治そうと頼るのではなく、自然治癒力を意識しましょう。
2についてです。
アトピーは、肌が弱くて炎症を起こしている状態であるとか、原因不明の難病など、誤解されている部分がありますが、そうではありません。
アトピーの症状は、排泄です。
新たに排泄しようと選んだ場所が『肌』なわけです。
身体の中に溜めていられない老廃物を肌を炎症させて血や体液と共に排出しているのです。
健康を保つための働き・排泄が肌に起こっているのがアトピーの症状なのです。
3についてです。
食事についてアトピー改善で必要なことは小食を心掛けることと、季節の野菜をたっぷり食べること、化学調味料などは少ない食事を心掛けることです。
お腹が空いていないのに、毎日3食しっかり食べていませんか?
食べ過ぎると、身体は消化のためにエネルギーを使い続けて疲れてしまいます。
お腹が減った時に腹七分目の食事がベストと言われています。
また、旬の野菜を食べるということは、美味しいのはもちろんのこと、身体に優しいので是非取り入れましょう。
化学調味料について、醤油やミリン、味噌などにも添加物が含まれています。
毎日使うものなので、科学的なものが入っていないものを使いましょう。
昔ながらのものが身体には優しいです。
4についてです。
シャンプーや石鹸を使わないと、きちんと洗えていないように思われるかもしれませんが、身体の汚れやホコリなどは、お湯で十分に落ちます。
石鹸等を使うと、必要な油分まで過剰に落としてしまい乾燥を招くことになります。
5についてです。
オイルなどで保湿をすると、肌の生まれ変わりを邪魔することになります。
特にワセリンは、病院でも出されるのですが、使わない方がいいです。
かゆみがひどくなりやすいからです。
皮膚に蓋をしてしまうことになるので、不自然になるからです。
使うなら一時的な場合のみがいいと感じます。
ワセリンなど油分が多い保湿剤を避けることで、最初は痒みをひどく感じることになるかもしれません。
しかし日を重ねるごとに、かゆみを耐える時間が短くなり、後にお風呂上りに全く保湿剤が必要ない潤いのある肌になります。
6についてです。
アトピーにステロイドは必須と思っていませんか?
アトピーを改善するためには、ステロイドを止めることが必要です。
ステロイドは、アトピーを治すものではなく炎症を抑える薬だからです。
アトピーの炎症は排出です。
それをステロイドで鎮静することで、排出しようとしている老廃物を押し戻していることになります。
ですから、また炎症を繰り返してしまうのです。
ステロイドは使わず、自然治癒力に任せることが大切です。
体調に合わせて脱ステロイドを始めましょう。
7についてです。
アトピーの状態がひどいと、人に会うことも嫌になることがあると思います。
やる気も起らないこともあるでしょう。
実はアトピーとストレスは大きな関係があります。
逆に、気持ちを切り替えることでアトピーの治りが早くなるとも言えるのです。
アトピーが治るまでには長い時間がかかるかもしれません。
しかし、アトピーは必ず治る!アトピーアリーの生活を取り戻す!など、自己暗示と言いますか、アトピーのことを気にし過ぎず、必ず治るものと思って毎日の生活を送ることが悪化を乗り切るコツと言えます。
8についてです。
アトピーを治すために、食事制限や薬の使用を続けないとならない等、多くの『制限』がある毎日ではありませんか?
しかし本当は、アトピー改善のために制限は必要ないのです。
アトピーでなかったら・・・と考えることもあるかもしれません。
しかしアトピーであることをマイナスに捉えないでください。
自分自身と向き合える機会だと私は思います。
食事や生活全般を見直す良い機会ではないでしょうか。
アトピーと向き合うことで、健康な毎日を送れるのではないとも私は思うのです。
アトピーが改善するまでには時間がかかります。
多くの苦労もあるかもしれません。
しかし、アトピーは改善するので、その日を信じて、アトピー改善に向けて毎日を過ごしてくださいね。
◆それでもなかなか、かゆみが解消しないし、ガサガサだと思う方は、アトピスマイルを使うと効果的です。
お米の力で保水力をアップして、肌のバリア機能を修復しますから、普通の保湿クリームとは全然違います。
アトピスマイルがアトピーに効果がある理由
私も使っていますが、すーっとなじんで、かゆみも軽減しつつ潤いますよ。
脱ステロイドできた方も多いのがアトピスマイルです。
公式サイト↓
ライスパワーショップ

atopismailej