体毛を薄くする方法が知りたい!中学生で悩み中!

体毛を薄くする方法が知りたいと中学生も多いですね。
無駄毛が多くて悩み中の友人の中学生の娘さんからの相談に答えた内容を元に記事にしました。

ムダ毛処理は面倒なもの。
何度剃っても抜いても新しい毛が生えてきますし、ケアをしっかりしないと肌にも悪影響が出てしまいますよね。
美容サロンなどで処理してもらうという手もありますが、永久脱毛となれば費用はかかりますし、成人していない場合は利用できないことも。
ですがムダ毛処理は、中学生など、思春期の子どもでも気になってしまうでしょう。
子どもなんだから気にしなくて良いと考えるのは大人だけ。
周囲の視線、ムダ毛に関して陰口を叩かれていないかを心配するのに、年齢は関係ありません。
しかし一方で、中学生が大人と同じような処理をしてしまうと、成長に良くないのではという不安もあります。
大人が気にするなというのは、あるいはその心配ゆえのことかもしれません。
そこで中学生であっても体毛を減らす、あるいはせめて、目立たない程度に薄くすることはできないかを探ってみることにしました。

カミソリは今後生えてくる毛が太くなる?

まずは代表的なセルフケアであるカミソリ
T字や5枚刃など、初心者にも使いやすいカミソリが増えている昨今、子どもでも怪我をしにくくなっています。
しかし上でも触れたように、肌がカミソリ負けしてしまうと、幼いうちから肌荒れに悩まされるハメに。
それこそまだ早いという理由で、中学生でスキンケアを行っていない場合は要注意です。
処理後のケアが不十分になりがちなので、剃った箇所を冷やし、保湿クリームなどで保護してあげましょう。
ただそれで肌ケアにはなっても、ムダ毛処理という意味では逆効果になってしまうことも。
というのも、カミソリで処理した場合、次に生えてくる毛が濃く太く見えるからです。
正確にはカミソリでのカットが毛に対し斜めになることが多く、断面の広さ=毛の濃さに繋がることが理由。
もとから濃い場合は両親や祖父母からの遺伝という可能性もありますが、そうでなければセルフケアこそが原因かもしれません。
ムダ毛そのものはそう簡単に太くなりませんが、ムダ毛で悪目立ちしたくないから処理しているのに、目立たせてしまっては本末転倒でしょう。

保護者の許可が出れば利用可能なサロンを探す

セルフが難しいとすると、専門家に委ねる方法になるでしょう。
実は脱毛サロンは、全ての未成年NGというわけでなく、保護者の同意を得られれば中学生でも可としているところもあります。
プロによる処置ですから、確実という意味では1番でしょう。
しかしクリアしなくてはいけない点もあります。
まずは何といっても、ご両親にムダ毛で悩んでいることを打ち明けなくてはならないこと。
人の目が気になるというのがムダ毛処理をしたい主な理由だと思いますが、いくら身内といえど、言え身内だからこそ、恥ずかしい気持ちってありますよね。
また、まだ中学生は、子どもだからと気にするなと言われている場合、処理そのものができないことも。
加えてカミソリなどで済ませるよりも高額な費用が発生する点。
サロンによってはお試しコースや学生向けプランなど安価なメニューを提供していますが、それでもセルフケアに比べると高いもの。
それこそ、大人になってからやれば良いと言われかねません。
そして上記の点をクリアしても、もう1つ問題が残っています。
未成年の場合は、サロンで行う回数が制限されていること。
回数はサロンによっても異なるでしょうが、体のホルモンバランスを守るなどの理由で、「し放題」のプランは用意されていないんです。
むしろ子どもに対しても脱毛し放題を謳っているサロンがあったら、内容はよく確認したほうが良いでしょう。

「子どもだから気にするな」を信用するべきかも

そもそもまだ中学生で子どもなのに、毛が目立つほど濃い・太い理由はなんなのでしょうか?
思春期は女子であれば生理が始まるなど、大人の体を構築する段階とも言えます。
それゆえ成長ホルモンや男女それぞれのホルモンのバランスが乱れがち。
ムダ毛が目立つようになるのも、言い換えれば大人の体になろうとしている証です。
しかしホルモンバランスの乱れは、いつまでも続くものではありません。
20歳前後、大人としての体の構築が完成に近づけば、自然と収まってくるもの。
ゆえに、もし可能ならば、大人たちの言うことに従って、中学生の今は気にせず過ごすことも1つの解決策なんです。
ちなみにホルモンバランスは、生活習慣が乱れていたり、ストレスを抱えているとより乱れやすくなります。
夜ふかしをせずきちんと睡眠時間を取る
運動や入浴など健康的な方法でストレスを発散すると言った対策を取るのもムダ毛対策にはおすすめですよ。

保湿化粧品で発毛抑制?

ここからは除毛や脱毛ではなく、抑毛をする方法です。
毛そのものを無くす行為は、ここまで見てきたようにリスクもあります。
ゆえに毛が生えること自体は許し、代わりに目立たせないことに重点を置くのが抑毛。
中学生でも手軽にできる方法としては、スキンケアによる対処がまず1つ。
特に大豆イソフラボンの入った乳液やクリームがおすすめです。
というのも、大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをする成分。
対し、濃く太い体毛というのは男性的で、どちらかといえば男性ホルモンによる作用と考えられます。
そこで大豆イソフラボンによって実質的に女性ホルモンの割合を増やし、体毛を細く薄くしようというわけ。
大豆イソフラボンと明記がなくても、豆乳の乳液など、大豆が使われている化粧品なら効果が期待できます。
ちなみに大豆イソフラボンは、普段の食事から得ることも可能。
大豆そのもの、豆乳のほか、納豆や油揚げ、豆腐、味噌やきな粉など、様々な食品から得ることができます。

お母さんに、大豆製品中心の献立をお願いするのもおすすめですよ。
ただ大豆イソフラボンの効果はあくまで女性ホルモンとして働くこと。
明確に毛を抑えるという効果ではないので、効果が出るには時間がかかることもありますし、そもそも女性ホルモンの量が乱れていなければ変化がないことも。
除毛や脱毛に比べて、100%毛を減らせるとは限らない点がネックですね。

体毛も脱色できる

毛が濃いのであれば、人為的に薄くしてしまおうというのが脱色クリーム
脱毛クリームとは異なり、毛の色を無くすのが目的です。
毛の色が白や透明になってしまえば、黒よりも圧倒亭に目立たなくなりますよね。
ただこちらの場合、脱毛クリーム同様、肌と相性が悪い可能性も考えられます。
特に敏感肌の方は、成分や添加物などを購入前に確認してください。
また利用する場合は目立たない場所でパッチテストを行うなど、問題がないことを確認してから使いましょう。

もっさりレベルなら梳くのもあり

特に男性の場合、女性に比べるともともと濃く太いイメージがあります。
その上で目立つほどとなると、髪の毛かと思うほどびっしりという人も多いでしょう。
もし当てはまるなら、それこそ髪の毛よろしく、梳いてしまうのもおすすめです。
髪の毛用の梳きバサミやヘアカッターなどを使うだけでも、抑毛できます。
デメリットとしては、体毛の場合は髪の毛に比べて長さが足りないため、本当に大量という人にしか使えない点。
目立ちはするけど量はさほど多くないなら、難しいかもしれません。

コントロールジェルmeで抑毛しよう

なんだか諦める以外の選択肢はどれも中学生では問題点がありますね。
もちろん問題と捉えるかは個人の判断で変わってくるので、気にならないというのであればその方法を選んでください。
またもう1つの選択肢として、抑毛クリームのコントロールジェルmeを紹介します。
名前にもあるように、正確にはジェル。
化粧水のようにベタつかず、しかしクリームのように保湿を長続きさせてくれるという、両者の良いところを併せ持っています。
コントロールジェルmeの素材は天然の植物が中心なので、中学生や子どもはもとより、敏感肌の方など大人でも使いやすいです。
コントロールジェルmeは、赤ちゃんから使えるほどで、利用者の中には小学生や3、4歳のお子さんもいますよ。
コントロールジェルmeの効果は、小学生の子供でも抑毛が期待できる?
また口周りなど、ボディのみならず顔へもコントロールジェルmeは利用可能。
脇の下を始めとしたデリケートな部位にもコントロールジェルmeは使えるので、どこの体毛に悩んでいる方でも使いやすいです。

またコントロールジェルmeは、5種類の添加物もフリー。
コントロールジェルmeで取り除かれているのは合成界面活性剤に人工ジェル化剤、シリコン、人工着色料、そして香料です。
ですから、コントロールジェルmeは、これらの成分で、過去に肌荒れを起こしたことがある方も安心できます。
公式サイトより引用

【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

口コミ評価は賛否あり

既にコントロールジェルmeを利用している方々の声を見てみました。

コントロールジェルmeを2年ほど続けているけど、部位によってはほかの処理が不要なほど薄くなった。
保湿ができるので脱毛器と併せて使い、アフターケアに役立てています。
・コントロールジェルme使用2ヶ月ほどで産毛が目立たなくなったのが嬉しい。
など、使って良方とする意見が見られる一方で、
保湿は良いけどムダ毛処理としては効果なし。
・薄くなるまで時間がかかるのに製品が高額で、続けることが困難。
など否定的な意見も。
引用元http://www.cosme.net/product/product_id/10006603/reviews
【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

コントロールジェルmeは、他の無駄毛処理と併用して保湿もかねて気長に使うのがコツかなと感じました。
その差は個人差と考えて良いのか、検証も兼ねてコントロールジェルmeの成分などを詳しく見てみましょう。

原材料(全成分)チェック!植物は大豆など38種類

コントロールジェルmeを構成している原材料(全成分)の中の植物は全部で38種類。
カミツレやヒオウギ、オウゴンなど、化粧品に含まれることも多い素材ばかりです。
配合量は少なめのようですが、ローヤルゼリーやバラ水なども入っていて、ちょっとした化粧品よりも美容効果が期待できます。
コントロールジェルmeを化粧水代わりに顔に使う人もいますよ。

また大豆やザクロと言った、先述の女性ホルモンの代わりを果たす素材も含んでおり、抑毛の効果の高さが伺えます。
ほかにもコントロールジェルmeは、グリセリンやヒアルロン酸、グリチルリチン酸2Kなど、保湿に良い成分を配合。
コントロールジェルmeは、抑毛だけでなく、肌ケアとしてもおすすめです。
公式サイトより引用

【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

毎日朝晩の洗顔後に使う

コントロールジェルmeを使うタイミングは、朝晩の洗顔直後。
コントロールジェルmeは、脱毛クリームなどと違って、時間が経ったら洗い落とす必要はありません。
コントロールジェルmeの上からスキンケアやメイクをすることも可能です。
ボディであれば、ボディ用の化粧品を使っても構いません。
もし朝が忙しい場合は、夜だけコントロールジェルmeを使うのもあり。
朝晩両方より効果は遅くなるかもしれませんが、夜だけでも毎日コントロールジェルmeを続ければ毛を目立たせなくすることはできますよ。
ちなみに体毛に塗布する際は、毛の流れとは逆にコントロールジェルmeを塗るのがコツ。
もし方向が分かりにくい場合は、くるくると円を描くようにコントロールジェルmeを塗りましょう。

カミソリ用のシェービングクリームとしてもお役立ち

コントロールジェルmeは繰り返しますが抑毛ジェルであり、既に目立っている毛を即座に無くすものではありません。
ゆえに初めのうちは、カミソリでのムダ毛処理を併用するのがおすすめ。
処理時のシェービングクリームとしてコントロールジェルmeを使うことによって、肌への負担を軽減できるメリットもあります。
終わった後に再びコントロールジェルmeを塗れば、保湿もできますし新たに生えてくるムダ毛に対して効果が現れやすくなりますよ。

購入はメーカー公式サイトのみ

もしかしたら、人によってはデメリットになるかもしれません。
コントロールジェルmeは市販の抑毛アイテムなどとは異なり、薬局やドラッグストアなどには置いてありません。
またインターネット通販においては、Amazonを始めとするモールサイトなどでも確認できませんでした。
ゆえに利用する場合は、コントロールジェルmeのメーカーが運営している公式サイトから購入するしかありません。
ただ初めて注文する方に限り、定価の25%オフで利用できます。
さらに60日以内であれば返金保証にも応じてもらえるなど魅力的な特典付きです。
コントロールジェルmeの発送時には伝票や梱包材に商品名を記載しないなど、プライバシーへの配慮があるのもポイント。
家族には内緒にしたい時に役立ちます。
ちなみにコントロールジェルmeの支払い方法は、クレジットカードの他銀行振込、楽天ペイ、代引きが選べます。
代引きは手数料不要なので、現金でしか支払いができない場合は活用しましょう。

まとめ

ムダ毛に悩んでしまうのに、年齢は関係ありません。
とは言え、中学生など子どもの場合は大人に比べて、対処方法に制限やデメリットが多いのも事実。
大人になるまで待つのがベストではありますが、多感な年代ゆえ恥ずかしさも強く得てしまうはずです。
もし悩んでいるなら、コントロールジェルmeで抑毛をすると効果的です。
体毛を抜いたり剃ったりするわけではないので、肌へのダメージも無く、むしろ植物エキスや保湿成分で整えてくれるほどです。
コントロールジェルmeで、中学生のお年頃の悩みを1つ、解決しちゃいましょう。
すべすべと潤いながらムダ毛も薄くなっていくのは、嬉しいですね。