多汗症とは?多汗症改善方法!良い食べ物や悪い食べ物


明日香明日香

多汗症とは何でしょうか?多汗症改善方法についてです。

緊張したりして汗がドバドバでると・・

もしかしたら多汗症かもしれない。
このように思ったことはありませんか?

汗の季節が近づいていますので多汗症について、調べたことを書きたいと思います。

スポンサーリンク



多汗症とは?

多汗症とは、交感神経が失調することにより起きる現象だと言われています。

通常の場合は、体温の上昇などで汗をかきますが、多汗症の場合は、体温の上昇とは関係なく、エクリン腺から過剰に汗が分泌されてしまいます。

多汗症に気がつくきっかけとしては、

・いつも手のひらが汗で湿っている
・脇から出た汗が常に洋服に染みつく
・汗っかきだと人から言われる
・足がすぐ蒸れてしまう

このような状況だと思われます。

多汗症は、ただ単に汗がたくさん出るだけというように思われがちですが、実際に多汗症で悩んでいる方はたくさんいて、症状を自覚している本人は、とても辛いと言われています。

多汗症の悩みで主に多いのは、手が繋げない・匂いが気になる・汗が目立つ・色の服が着られない・多汗症を人に理解してもらえない。
このような事が多いでしょう。

改善策としては、
・塩化アルミニウム液の塗布
・通電療法
・ボトックス注射
・胸腔鏡下胸部交感神経節切除術

以上のような治療法が一般的です。

どの治療法も、メリットとデメリットがあり、これがオススメというようなものは一概に言えません。

比較的、気軽にできて即効性の高いボトックス注射も、熟練された信頼できる医師のもとで行わないと、失敗する例も多くあります。

ご自分のライフスタイルに合わせて、改善方法を専門家と相談しながら進めていく必要があります。

また、シンプルな方法で多汗症を克服した方もたくさんいますので、諦めないことも大切ですね。

多汗症改善に良い食べ物は何?

多汗症改善に良い食べ物についてです。

近年、日本人の食生活が欧米化されてきており、「和食」が見直されています。

日本に昔から伝わってきた和食には、健康に良い食材や調理法が数多くあり、便利な世の中になった今だからこそ、積極的に取り入れる必要性があります。

近年、幅広い年代で「多汗症」に悩む人が多く、多汗症という言葉は誰もが聞いたことのある言葉なのにかかわらず、よく分かっていない方が多いのが現状です。

多汗症は、交感神経の失調による症状で、健康保険での治療も可能ですが、多汗症の治療法は、メリットとデメリット両方が存在するため、気軽に行うことが難しいとも言われています。

多汗症を少しでも自分で改善したい方は、「食生活」を、気をつける必要があります。

多汗症に効果的な食品として、大豆類が有効だと言われており、日本人に馴染みのある、
・納豆
・豆腐

・煮豆
などは、多汗症の症状を緩和するとも言われています。
豆類には、発汗を抑える作用があることが実証されているのです。

豆乳を私はよく飲んでいますよ。

多汗症に悪い食べ物とは?


逆に、多汗症の方が積極的に摂取すると、症状が悪化する食べ物、
つまり汗が出やすくなる食べ物もチェックしましょう。

・刺激物(とうがらし・しょうがなど)
・脂質の高い食品(牛肉など)
・揚げ物
・ファーストフード

というようになっていて、比較的人間が美味しいと感じる食べ物が多いですね。

少しでも自分の力で多汗症を改善するには、このような日々の地道な努力は欠かせません。

多汗症に良いとされる食べ物は、一般的に健康にも良い食べ物が多いので、積極的に摂るように心がけていきたいものですね。

食べ物を意識していても、なかなか多汗症が改善しない時は、効果が高いと人気の制汗剤を使うといいです。

多汗症改善には水分を減らした方が良い?

多汗症改善には水分を減らした方がいいのでしょうか?

多汗症とは、手に汗を以上にかいたり、足が常に蒸れている状態にある。
または、頭部や脇など、暑くもないのに発汗を抑えられない症状のことですね。

多汗症の主な原因は、交感神経の失調や、精神的に気にしすぎることから起きるタイプ。
そして、内蔵に何らかの欠陥がある場合など様々です。

多汗症の改善法としては、いくつかの方法が存在しますが、水分を控えることで汗を抑えようと試みる方がいるという話を耳にします。

はっきりと言いますが、多汗症の改善で水分を制御するのは大きな間違いです。

特に夏場などの体内の水分量が不足しがちな時期に、意識して水分を減らすということは、脱水を招く原因となる傾向があったり、水分が不足することで代謝を悪くして毒素を溜め込むことにもつながります。

このようなことにならないように、水分はきちんと摂取してください。

人は1日に2リットル程度の水分を補給する必要があると言いますが、飲み物として摂取する決められた量はきちんと守って、汗を無理やり抑えるために水分を控えるのはやめましょう。

また、多汗症には刺激物は良くないので、アルコールをたくさん摂取するということもオススメできないです。

なるべくならば、水分はミネラルウォーターやお茶を選択しましょう。

多汗症は、きちんとした改善法を取り入れれば、必ず良くなります。

体質だからとか、遺伝かもしれないなどの考えは捨てて、諦めずに改善していきましょうね。

顔の多汗症の改善方法は、どうする?

顔の多汗症の改善方法についてです。

顔から大量の汗が出る。
暑くもないのに汗が垂れてくる。
季節関係なく化粧がすぐに崩れてしまう。

このような症状が気になる方は、顔面多汗症の可能性があります。

顔の多汗症は体には現れず、顔にだけ異様に汗をかくというような症状が多く、性別などは関係なく発症します。

男性の場合は食事中も常に汗が出ていて、女性から避けられたり、初対面の方から良い印象を持たれないなどの悩みが多いでしょう。
女性の場合は、お化粧が崩れてしまい困る方が多いと思います。

自分の意志ではなかなか改善すること難しく、周りからの理解も得られないことから、深く悩む方もたくさんいます。

そんな顔の多汗症を改善するにはいくつかの方法があります。

まずは、食事の見直しです。

欧米化している現代人の食生活は、健康に害を及ぼしたり、もちろん多汗症にも悪い影響を与えます。
食生活は、和食を基本に考えて大豆類を多く含む食材をうまく活用しましょう。

納豆などいいですね。

大豆には、発汗を抑制する効果があると言われていて、実際に大豆類をたくさん摂取することで改善された例も数多くあります。

健康保険での治療が可能な多汗症は、「切除」や「注射」などの治療もありますが、一長一短と言われており、特効薬などはありません。

最近では、「サラフェプラス」という、顔汗をケアできるジェルクリームが下地にも使えて効果的と女性に人気です。

男性の顔汗に人気なのがトリムクールという制汗スプレーです。

まずは、自分で「治したい」という強い気持ちを持ち、固い意志で生活習慣の見直しから始めてみる事をオススメしたいと思います。

スポンサーリンク



手足の多汗症の改善方法は?

手足の多汗症の改善方法についてです。

手や足に異常なほどの汗をかくという症状で悩んでいませんか?

もしも、以下のような症状で悩んでいるのならば、「多汗症」の可能性があります。

・緊張すると手や足から異常な汗が出る
・靴が蒸れるどころか靴下まで汗でかなり濡れている
・手の汗がひどくて人と手を繋げない
・足の臭いが自分でも気になる

この症状で悩んでいる方は、実はものすごく多く、汗の出やすいタイミングや量などは個人差があるため、「体質」だからと多汗症に自分で気がついていない人も多くいます。

ですが、日常生活に支障が出るほどの汗をかいてしまうと、改善方法を求めて困っている方も多くいることでしょう。

改善策としては、病院での治療も挙げられますが、ほとんどの方が「手術」を勧められるケースが多いです。
しかし、多汗症の手術は副作用も大きいと言われているので、簡単に改善できないのが現状です。

手や足の多汗症を改善するには、自分がどのタイプの多汗症なのかを見極める必要があります。

緊張した時に汗が大量に出てくるのであれば、緊張性の多汗症の可能性が大きく、精神的なコントロールをトレーニングすることで改善する例も多くあります。

他にも、交感神経が失調するタイプや内蔵の疾患による多汗症など、様々な可能性を視野に入れながら改善策を検討すると、多汗症改善の近道と言えるでしょう。

簡単に治るというような言葉に惑わされて、「ボトックス注射」などを取り入れる方もいますが、近年ボトックス注射での副作用も問題になっているので、根本からきちんと改善するには、即効性を求めずにじっくりと改善していきましょう。

対処療法になりますが、緊張して手汗が出ている時は、手の平の真ん中にあるツボの労宮(ろうきゅう)を深呼吸しながら、反対の親指でゆっくり押したりマッサージして刺激すると良いです。

ファリネなど手汗専用の制汗パウダーも人気ですね。

あとはフェレナーラという手汗専用クリームも人気です。

ファリネとフレナーラの違いを比較した記事もありますね。
参考元:いつも手がベタベタで悩み中!ファリネとフレナーラは、どちらが良い?

たくさん出る脇汗の改善方法は、どうする?

たくさん出る脇汗の改善方法についてです。

今では、制汗スプレーのCMなどを日常的に見かけますよね。
可愛いタレントさんが宣伝していると、ついつい購入したくなりますが、もしも脇から出る汗に真剣に悩んでいるのならば、少々注意が必要です。

まず、夏などの気温が高い時期や、密集した場所での脇から出る許容範囲内の汗については、そこまで心配しなくても良いでしょう。

ですが、体感温度が低い状態でも脇から大量の汗をかいたり、風通しの良い状態でも汗が流れ出るようなケースは「多汗症」の可能性が挙げられます。

多汗症の場合は、

・緊張状態からくる多汗症
・交感神経が失調しておきる多汗症
等、様々な原因があるのです。

多汗症の方が、制汗スプレーを頻繁に使用してしまうと、皮膚に無理やり蓋をして汗を出なくしているので、菌が繁殖して皮膚が赤く炎症をおこしたり、結果的に悪化して強い悪臭に悩まされてしまうケースも少なくありません。

そのため、脇から大量に汗が出る多汗症の方は、いわゆる制汗スプレーなどの「対処法」は不向きです。

それでも一時的に脇汗を減らしたい時は、保湿できて無臭で無添加のデオドランド剤を使うといいです。

多汗症の方が改善するには、生活習慣の見直しを改める必要があります。

まずは食生活の見直しですが、ファーストフードやコンビニなどの便利なものばかり利用していませんか?

焼肉やハンバーグ・ステーキなどの脂質の高い食事を好んで食べていると、多汗症は悪化します。

そして、刺激物が含まれる食事もNGです。

スパイスが多く使われているカレーや、しょうが・にんにくなどの発汗作用のある食材を多汗症の方が使用すると悪化する傾向があります。

地道な生活習慣の改善や、原因を追求して根本から改善する努力を心がけてくださいね。

暑くなくても汗が出るのは何故?どうすればいい?

暑くなくても汗が出るのは何故でしょうか?
その理由をレビューします。

夏でもないのに汗が以上に出る。

このような症状で悩んでいる方は、実は数多く存在しています。

しかし、「汗がたくさん出る」というのは、一般的に恥ずかしいという気持ちが強く出るので、普段あまり人に話すことはないですよね。

そのため、一人で悩みを抱えて追い詰められてしまう方もいるのです。

暑くなくても汗が出るのは、「多汗症」の可能性が高いと言われています。

多汗症って、聞いたことはあるけど具体的に何なのかよく分からない方も多くいますよね。
そんな方のために簡単に多汗症のご紹介をします。

まず、多汗症とは、気温・季節に関係なく汗が大量に分泌される状態の事を言います。

原因としては、自律神経が失調する事により、大量の汗が分泌されてしまうケースや、緊張するような状況になった時に、異常なほどの汗を分泌させてしまう緊張性のケースもあります。

他にも原因は存在しますが、上記のケースが非常に多いでしょう。

どちらにしても、「自律神経」と大きく関連していて、自律神経はちょっとしたきっかけで乱れることが多くあるのです。

改善策として言われているのは、
・切除法
・通電両方
・注射
・塩化アルミニウムの塗布

等が一般的です。

しかし、これらの治療法は、副作用などを含めたリスクが、少なからずついてまわるため、近年では、自律神経をコントロールするというような訓練法も話題を呼んでいます。

そして、食生活の改善なども注目を集めていて、大豆製品(納豆や豆腐、豆乳)を多く摂取することを推進するお医者さんも多くいます。

なお食べ物だけでは対策できない場合は、制汗サプリのアセカラットやアセッパーが人気ですね。
参考元:アセカラット(Asecarat)とアセッパーの違い比較!汗対策に良い選び方とは?

もしもあなたが汗で悩んでいるのならば、出来ることから自分で実践してみてくださいね。

ストレスと多汗症の関係

ストレスと多汗症の関係についてです。

汗がたくさん出る人は、ただの汗っかきだと思っていませんか?

確かに、夏などの気温が高い時期や、風通しの悪い場所・発汗作用のある食品を食べた時など、汗が多く出る人はいます。

ですが、そうではなくて、暑いわけでも蒸しているわけでもなく、理由が特に見当たらないのに大量の汗をかいてしまう人は「多汗症」の疑いがあるのです。

多汗症は、体質ではなく病気です。
そして、治らないものではありません。

ただし、多汗症には、交感神経が失調して起きるケースや、緊張状態により引き起こされるケースがあります。

この緊張状態で起きる多汗症の方は、実は強い「ストレス」との因果関係があるのです。

まず、この世の中にストレスを抱えていない人はほぼいません。

多かれ少なかれ、人間関係で悩んでいたり、職場の環境でストレスを抱えているなど、人により理由は様々ですが、ストレスは常に存在しています。

そして、ストレスを強く感じる人と、あまり感じない人もいます。

緊張状態からくる多汗症の方は、ストレスを感じやすい人が多く、繊細な方が多い傾向があります。

ストレスというのは、病気を引き起こすとも言われている非常に人体に悪影響を及ぼす存在で、ストレスの発散には体を動かしたり、信頼できる人と多くの会話をすることで、緩和されると言われています。

また、このタイプの多汗症の方は、ストレス以外にも不安や緊張を強く感じた時に、症状が悪化する傾向があります。

不安・ストレス・緊張など、これらを緩和するには、自律神経をコントロールするトレーニングも有効だと言われていて、近年では非常に注目を集めています。

スポンサーリンク